ご訪問ありがとうございます。
ご供養から趣味のお香まで、ちいさな香房からお伝えする。
香司 草崎浩子です。
今日はお香の研修へ行ってきました。
長い歴史を持ち、奥深いお香の世界です。
日々勉強し、経験を積むことは大切だと思います。
なごみでも講座のご紹介をしていますが、今日の研修は「塗香作り」
テーマはスッキリ爽やかな香り。
ベトナム桂皮をふんだんに使い、なんとか思った香りに仕上がりました。
そして、今回はもう1つ。
「阿字観体験」も行ってきました。
阿字観とは、坐禅のように警策(けいさく)と呼ばれる棒で叩かれることなく
梵字(サンスクリット語)の「阿」という文字を見ながら行う瞑想法。
ご指導下さったのは、高野山 金剛三昧院 久利住職。
穏やかな口調で、時折冗談も交えながらのお話しはとても分かりやすく
ご住職のお人柄を感じられました。
阿字観を行う際、寺院で使われている塗香を使わせていただきましたが
その塗香は私がお香を学んだ薫物屋香楽で作ったものだそうです。
塗香というと、スッキリした香りや、スパイシーな香りをイメージしていたのですが
こちらの塗香は甘くふくよかな香りで少し驚きました。
ご住職によると、寺院によって香りは違うのだとか!
どんなものが香りが使われているのか、色々な寺院へ行って確認したくなりました。
阿字観体験のあとは呼吸法もあってか、体が心なしかポカポカと温かい。
こういった機会はなかなかないと思うので、とてもありがたく貴重な時間でした。
金剛三昧院では、阿字観体験を行っているそうです。
もし機会があれば足を運んでみるのもいいですね!
また、お近くの真言宗の寺院に問い合わせをしてみるのもいいのでは?
と、ご住職が仰っていましたので、ご興味があればぜひ(*^-^*)
また、今週末はイベント出展を控えております。
もしご興味、お時間があれば、ぜひ遊びにいらしてください!
そしてお香講座開催もしております。
来週には2月のスケジュールも確定してお知らせいたします。
こちらもお申込み、お待ちしています!