<東京教室>

ご訪問ありがとうございます。

ご供養から趣味のお香まで幅広くお伝えする

ちいさな香房なごみ東京教室 香司 草崎浩子です。

 

知り合いの方などには告知していたのですが、こちらでの告知が遅くなってしまいました💦

来る9月29日(日)に池上にあるレンタルスペース『まなび舎 教(NORI)』様で開催される

【和・和・和イベント】に参加いたします!

 

<日本の伝統を伝える、知らなかった日本の和を学ぶ教える>をコンセプトに

和テイストのクリエイターさんがたくさん参加されて、和ワークショップも盛りだくさんです!

その他、お茶会や三味線演奏、落語、南京玉すだれなど和芸鑑賞(無料)も出来ちゃいます。

 

手作り香房なごみでは、下記のワークショップ・お香商品販売を予定しています。

【世界にたった1つの香り作り】ワークショップ

一般的な香原料を使い、アドバイスさせていただきながら、お好きな香りに仕上げていただく内容です。

お好きな香原料を選んで混ぜるだけの簡単手順!

小さなお子様でも作る事ができますよ(^-^)

 

販売予定商品としては・・・

①匂い袋(香り3種) 各500円

こちらは香りが<平安・公家・武家>の3種類。

その時代の人が実際に使っていた匂い袋のレシピを再現したもので、なかなか手にすることはできないと思います。

ちょっと貴重ですよ!

 

②塗香~粉末状の火を使わないお香~ (香り2種) 1,000円・2,000円

上記は一般的な白檀をベースに、軽く、穏やかな香りに仕上げた<胡蝶> 1,000円

上記は、グレードの高い白檀をベースに華やかさのある香りに仕上げた<きよら> 2,000円

 

塗香は古くから伝わるお香で、「身を清めるために用いるお香」です。

文字通り手に塗り(摺り)こんで使います。

密教系のお寺様で、ご僧侶がお経の前に使用したり、写経の前に使用したりします。

最近では、西洋の香水が苦手な方や和装をする方などが香水のように使う事も人気です。

 

③コーン型お線香 <ふわり> 1,500円

こちらもグレードの高い白檀を使用。さらに百楽香というお香を使用しています。

百楽香はパロサントとも言い、「幸せを呼ぶ木」と言われています。

古代インカ帝国の時代には「神の木」とされ、魔除けや礼拝に使われていました。

白檀と百楽香はリラックス効果が高いことでも有名です。

お好きな時に焚いてみてはいかがでしょうか?

 

 

実はもう1つ、販売用のお香商品を持参しようかと考えています。

こちらも、古くから伝わり、今もなお使われているお香。

お手頃価格でご提供できればと考えていますので、楽しみにしていてください!

 

どれも数量限定となりますが、どんな香りか?どんなお香なのか?

確認するだけでも楽しく、新たな発見があるかもしれません。

お時間や興味のある方はぜひ、足をお運びください。

お待ちしておりますm(_ _”m)